大崎市民病院Osaki Citizen Hospital

文字サイズ
標準
大きめ

病院事業管理者あいさつ

阿部 健雄

大崎市病院事業管理者
阿部 健雄

平成28年度の病院事業は、一連の不祥事から決別するため組織の見直しと勤務環境改善を含むいろいろな対策を講じて具体化の行動を起こしています。併せて、病院理念と基本方針も15年ぶりに見直しし、新たな時代の病院を目指して日々努力しております。

時恰も、医療制度大改革真っ直中で、平成28年4月の診療報酬改定は医療機能の分化・強化・連携等をテーマとした改定が行われ,本院の診療収益が頭打ちになってきた中で,病院事業収支計画にも大きな影響を与えられており,2年後の平成30年改定はさらなる大改定になるといわれています。
現在、少子・高齢化による社会構造や人口構造、更に疾病構造など,治療ニーズを含めて世の中全体が変わってきています。
若い働き手も減り、高齢患者に対する受け皿が少なくなる中では、病気を治しさえすれば病院の役割が終わるわけではなくなり、生活の場での医療支援や介護の重度化予防など地域でしっかり支えていく、いわゆる「地域包括システム」を構築し、それを支えるのが病院でなければならないということが求められています。
病院は地場産業であり、地域に根差した活動を行う必要があると考えます。地域住民の年齢構成や人口構造の変化、更に医療政策の方向性を把握して医療の展開を図らなければなりません。地域医療を充実するためには、院内外における組織的医療の展開を念頭に、地域に目を向けることが病院の在り方を考えるキーポイントで地域から遊離してはなりません。

医療提供体制が一極集中型の大崎・栗原医療圏域は、入院しても生活の場≪在宅医療≫に早く戻る取り組みを構築するのは容易ではありません。医療関係者だけでこの問題を乗り切ることはほとんど不可能であり、これからは、地域の人々と一緒に考え、そして医療側から提案していくなどの働きかけが必要となります。このような医療のパラダイムシフトに的確に対応し良質な医療を提供し続けるためには、「診療の質」と「経営の質」の担保へ向けたパラダイムシフトが求められています。
良質で安全な医療、ステークホルダーとの協働、医療現場の「見える化」と「機能分化」そして強いリーダーシップに伴う中、堅経営職の連携により、この変化に最適に順応する仕組みが構築されると考えています。

病院理念「市民が安心できる医療の提供」、基本方針「市民に適切な医療の提供」「地域に貢献する医療の構築」、「健全経営の確保」を新たに示しましたが、病院理念は、組織の存在意義や使命を普遍的な形で表した基本的な価値の表明であり、平たく言えば、病院の組織が何のために存在するのか、経営をどのような形で行っていくかを明文化したものです。この使命の実現に向け職員全員が「医療の質」と「経営の質」の向上への取り組みを不断に行い、そして改善に向け努力する組織風土の醸成が何より大事となってくるのです。
また、病院理念は、病院文化・風土を形成する要素です。病院の文化・風土は、病院理念に共鳴する人材が集まり、組織を形成する中から生まれ、その組織が事業の継続を図り、他との連携を実施し、自分らの医療提供(情報)の見える化を内外に示すことによって形成されていくものです。そして、これにより医療の質(安全)・量・効率が求められ、更に経営基盤も確立されて安定することにつながっていきます。これらを持続的に取り組むことにより、初めて病院の文化と風土が生まれ、語ることができるのです。

市民の皆さまが安心できる医療を提供するために,ガバナンス<統治>とコンプライアンス<法令遵守>の強化徹底を図り,職員一人ひとりが,日々の業務に対し、常日頃から改善意識、更にそのブラッシュアップを持つことで,職員のやる気を醸成し,新たな病院分化を生むことで,市民皆さまに対し,最善の医療を提供する役割を果たしてまいりますので,ご理解とご支援をどうぞよろしくお願い申し上げます。