スタンダードプリコーション



スタンダードプリコーションとは…

誰が感染しているかを見分けることは容易ではないため、すべての患者を対象に次のものに接する可能性がある場合に行う予防策です。

  • 血液
  • 破損した皮膚
  • 粘膜
  • すべての体液(汗を除く)  →唾液・粘膜からの分泌物・精液・気管支分泌物・湿性組織・膣分泌物・鼻腔、副鼻腔からの分泌物・胸水、腹水・糞便・脳脊髄液・膿・嘔吐物・羊水・創傷からの浸出液・尿

予防の具体的な方法
手袋の着用
血液、体液に接触可能性がある場合は、いつでも必ず手袋を着用しましょう。損傷皮膚、あるいは粘膜に触れる直前に清潔な手袋を着用します。同じ患者であっても、汚染の拡散を予防するために、処置と処置の間で手袋の交換が必要な場合があります。

マスクや防御具の着用
血液、体液の飛沫が生じる可能性がある場合、マスク、顔や目の防護具を着用します。空気感染する感染症患者、あるいはその疑いのある患者のケアをするときは、呼吸器防護具を使用します。

ガウンの着用
血液あるいは体液の飛散が予測される場合、ガウンを着用しましょう。体液の量やケアの種類に応じて適切なガウンを選択します。

トップに戻る 感染防止対策のトップ