大崎市民病院Osaki Citizen Hospital

文字サイズ
標準
大きめ

地域連携クリニカルパスのご案内

地域連携クリニカルパスのご案内

 

当院では,病気の治療後,在宅や他の病院・施設等に移った後も,必要なサービスを受けることができるように,地域の医療機関や介護・福祉の関係機関と連携を図り,住民が安心して暮らせる地域づくりを目指しています。
当院の取り組みの一つである「地域連携クリニカルパス」は,病気の発症(急性期)からリハビリ(回復期),その後の地域生活(維持期)まで一貫した治療方針で,患者の状態に合わせた適切な医療や介護を受けることができるように,当院と地域の医療機関等とで役割分担をしながらサポートしていく仕組みです。
当院では主に急性期治療や節目の検査等を行い,地域の医療機関等には,当院からの転院リハビリや退院後の外来診療等を担っていただいています。
現在は,大腿骨頚部骨折,脳卒中,胃瘻(いろう),がん(胃がん・大腸がん・乳がん・肝がん・肺がん・膀胱がん)の患者を対象に地域連携クリニカルパスを導入し,患者の同意のもと,地域の医療機関等と情報共有をしながら,より良い医療の提供に努めております。

 

一方向型(大腿骨頚部骨折,脳卒中)

 

急性期病院での治療後,リハビリ等を目的に転院し,リハビリ後は必要に応じてかかりつけ医での診察になります。

 

循環型(胃瘻,がん)

 

急性期病院での治療後,かかりつけ医で定期診療を行いながら節目の検査や診察を急性期病院で行います。

資料のダウンロード(PDF)

 

大腿骨頸部骨折

 

 

脳卒中

 

 

胃瘻

 

 

がん

 

 

胃がん・大腸がん・乳がん・肝がん・肺がん

 

 

膀胱がん