大崎市民病院Osaki Citizen Hospital

文字サイズ
標準
大きめ

食道外科

外来担当医表

 

外来担当医表はこちら

医師の紹介

 

診療の概要

 

食道外科では,食道疾患全般を対象に,食道科認定医が中心となって診断・治療に取り組んでいます。

診療の特徴

 

食道がんに対しては,外科・消化器内科・腫瘍内科・放射線科が連携して診断・治療にあたり,それぞれの患者の状態(進行度や全身状態)に応じたきめ細かな治療法選択ができます。
PET検査も可能で,必要な検査(上部消化管内視鏡検査,食道・胃透視検査,CT検査,PET検査など)はすべて当院で施行可能です。食道がん手術では,従来の開胸手術に比べて整容性に優れ,術後呼吸機能への影響も軽減される胸腔鏡手術を2011年より積極的に導入し,2013年末までに30例以上行っています。2013年12月からは,腹臥位による胸腔鏡手術なども取り入れています。
食道がんだけでなく,食道粘膜下腫瘍・食道裂孔ヘルニア・食道アカラシア・特発性食道破裂などにも対応可能です。

代表的な疾患と症状

 

疾患

 

食道がん,食道裂孔ヘルニア,食道アカラシア

 

症状

 

食べ物のつかえ感,胸の痛み,逆流症状(胸やけなど)

 

※食道がんは60代・70代の男性に多い病気で,危険因子としては,喫煙・飲酒が挙げられます。初期は無症状であることが多く,進行するに従い,食べ物のつかえ感,嚥下困難,嚥下時痛,胸痛,体重減少,声のかすれなどの症状が出現します。

医療設備

 

マルチスライスCT,PET,鏡視下手術システム

診療実績

 

胸部食道がん手術症例数(うち胸腔鏡手術)

 

  • 2010年:10例(0)
  • 2011年:12例(11)
  • 2012年:16例(14)
  • 2013年:7例(7)
  • 2014年:11例(7)
  • 2015年:11例(9)
  • 2016年:3例(2)