大崎市民病院Osaki Citizen Hospital

文字サイズ
標準
大きめ

病理診断科

医師の紹介

 

診療の概要

 

患者から採取された検体を主に顕微鏡を使用して病態の把握と診断を行います。

診療の特色

 

生検

 

小さな組織を採取して,病変が良性か悪性か,悪性の程度はどれくらいかを診断をします。病気によっては,有効な治療法の検討も行います。

 

手術標本

 

手術で採取された組織を検索し,病変の種類,進行度,とりきれたかどうかなどを検討します。

 

細胞診

 

子宮や肺から擦過された細胞,尿や喀痰中の細胞,乳腺,甲状腺などから針で吸引された細胞を調べて,病変の診断をします。

 

術中迅速診断

 

手術中に提出された組織を凍結させて診断し,手術中に報告します。主にがんがとりきれているかどうか,リンパ節に転移があるどうかなどを調べます。

 

病理解剖

 

お亡くなりになられた後に解剖を行い,治療効果や直接死因などの検討を行います。

代表的な疾患と症状

 

病理組織診断

 

病変の診断(良性か悪性かなど)が必要な場合,腫瘍の進行度やリンパ節転移の有無などの調査が必要な場合

 

細胞診断

 

がん細胞が痰や尿にこぼれ出ていないか診断する場合

 

病理解剖

 

不幸にして病院で治療中に亡くなった際,生前の診断は正しかったか,治療効果はどのくらいあったのかなどについて判断する場合(ご家族の承諾のもとで行われます)

診療実績[平成28年]

 

組織診6,234例,細胞診7,580例,迅速診断308例,解剖12例