大崎市民病院Osaki Citizen Hospital

文字サイズ
標準
大きめ

幅広い症例を経験でき臨床医として確実に成長│中村 嘉詞│研修医

手厚い指導で様々な症例に向き合う

私が初期研修に当院を選んだのは,血液内科や腫瘍内科も含めて内科系の診療科が一通り揃っており,バランスのよい研修ができると考えたからです。また,研修医の大きな仕事の一つに救急外来での当直業務があります。県北の救急医療の最後の砦として位置し,疾患や重症度を問わず,幅広く患者さんを診られることも当院の強みです。
実際に働いてみると自分の至らない点を日々痛感するのですが,研修医が一人になることなく,その都度上級医のフィードバックを受けられるため,スムーズにスキルアップすることができます。また各科の垣根が低く,他科にコンサルトしやすいことも当院の特徴です。
同期の研修医たちとは皆仲が良く,研修医室で当直での勉強症例など,情報共有や意見交換が頻繁に行なわれます。出身大学や志望科を問わず,様々な目標を持った研修医が日々切磋琢磨しています。

充実したサポート体制

指導医や上級医が多いことも当院の特徴のひとつです。やる気を出せば指導医のバックアップのもと,専攻医と同じような扱いで志望科での研修を進めることもできます。地方会等の学会発表も盛んに行なっており,私は1年目の9月に日本血液学会東北地方会で発表する機会を頂きました。

最新医療技術や知識を学べる

当院では最新の設備が整っており,地域の中核病院として充実した研修を行うことができ,さまざまな手技に関しても豊富に経験することができます。たとえば模型を使ってカテーテルや内視鏡治療を空いた時間に練習することができ,毎年中心静脈カテーテルの講習会も院内で実施されています。それ以外にも1年目にBLS(1次救命処置)講習,2年目に緩和ケア講習が当院で開催されます。外部研修活動として,学会や研究会への参加,ACLS(二次心肺蘇生法),JATEC(外傷初期診療ガイドライン),JMECC(内科救急)といった各種講習会などの参加が推奨されており,交通費や参加費の補助を受けられます。充実したサポートのもと,働きやすい環境でしっかりと勉強に励むことができます。
当院では2年間の初期研修後も引き続き専攻医として専門研修できるプログラムが整っています。大半の先輩が3年目以降も当院で研修を続けており,私も引き続きお世話になろうと思っています。恵まれた環境の中で周りの人々に感謝しつつ,これからも日々精進していきたいと考えています。

ある日の中村さん

8:00 病棟にて受け持ち患者の状態チェック、回診
9:00~16:00 内視鏡室にてERCPの介助、救急患者さんの診察、病棟急変患者の対応など
16:00 病棟回診
17:15 退勤 夜間は病棟の病棟患者の対応は初期研修医がファーストコールのため何かあった場合は呼ばれます。