大崎市民病院 岩出山分院

文字サイズ
標準
大きめ

大崎市民病院 岩出山分院

当院について

院長あいさつ

小松 誠司

岩出山分院長
小松 誠司

大崎市民病院岩出山分院は,昭和24年3月に宮城県厚生農業協同組合連合会岩出山病院として発足,昭和31年5月に国民健康保険病院として町営岩出山病院が誕生し,以来,町立岩出山病院,岩出山町民病院として地域医療の要としての役割を担ってまいりました。

平成18年3月31日に市町村(1市6町)が合併し大崎市が誕生しました。これに伴い,「大崎市民病院岩出山分院」となり新たなスタートを切りました。

平成24年3月1日,旧病院から北方約400m,江合川沿いの岩出の郷と感覚ミュージアムの間,あったか村中央部に新築移転し開院しました。

岩出山分院の果たす役割は,二次医療までを完結する「かかりつけ医」としての分院と,より高度な三次医療を提供する本院と紹介・転院を含めた組織系統連携を取り地域医療に邁進しております。
また,地域包括ケアも視野に入れ,自宅で安心して療養できるよう在宅診療や訪問看護を行っています。これからも地域の皆様と共に歩んでいく医療機関でありたいと考えております。

施設の概要

・診療科目

内科,外科,眼科,精神科

・医師体制

40床(一般病床40床 4床室-8室/2床室-1室/1床室-6室)

・面積

敷地面積

8,064.59m²

延床面積

3,231.79m²

・施設内用

1階

外来診察室,中央処置室,手術室,各種検査室,放射線室, 調理室 ,事務室,スタッフルーム,その他

2階

病室,夜間救急室,スタッフステーション,調剤室,医局,リネンセンター,その他

施設基準の届出状況

名称 大崎市民病院岩出山分院
標榜科 内科,外科,眼科,精神科
施設指定関係 保険医療機関,労災保険指定医療機関,生活保護法指定医療機関,被爆者一般疾病医療機関,指定自立支援医療機関(精神通院医療),結核予防法指定医療機関,病院群輪番制事業参加医療機関
施設基準関係
基本診療料 一般病棟入院基本料(13:1),救急医療管理加算,看護補助加算1,療養環境加算,医療安全対策加算2,感染防止対策加算2,入院時食事療養Ⅰ
特掲診療料 がん性疼痛緩和指導管理料,がん治療連携指導料,夜間休日救急搬送医学管理料,薬剤管理指導料,検体検査管理加算(Ⅰ),CT撮影及びMRI撮影,医療機器安全管理料1
告示関係 入院時食事療養Ⅰ(特別食加算・食堂加算),酸素の購入価格に関する届出事項