大崎市民病院 田尻診療所

文字サイズ
標準
大きめ

大崎市民病院 田尻診療所

当院について

所長あいさつ

山口 智

田尻診療所所長
山口 智

大崎市民病院田尻診療所は,平成9年4月保健・医療・福祉の総合福祉施設「スキップセンター」に併設された診療所として誕生しました。以来,予防,治療,指導とあらゆる面で地域住民の健康を支えています。特に,当診療所では東北大学の先生方の協力をいただき,脳卒中,寝たきり,認知症の予防対策に重点を置き,認知症患者に対する心理検査や言語療法,理学療法を実施しています。患者さんや介護者がいかに病気と向き合っていけるか,関係機関と連携を取り合い地域医療に邁進してまいります。

診療所の概要

平成9年4月,保健・医療・福祉の総合福祉施設として建設され,脳卒中・寝たきり・認知症の予防に重点を置きながら,地域の医師会と協力し地域医療を目指しています。診療科目は内科,神経内科,眼科,耳鼻咽喉科でリハビリテーション室も開設しています。

内科は,保健・医療・福祉の総合的なサービスを提供するため,脳卒中・認知症・寝たきりを予防する高次機能障害に対する診療体制の整備を図っています。脳卒中にならないための内科治療(1次予防)。脳卒中になってもそれ以上悪くならないための内科治療(2次予防)。脳卒中になったことで起こる意識低下や記憶障害などの治療等,治療のみならず予防,在宅ケア,リハビリテーション(3次予防)などの視点を重視し,関係機関と連携しながら地域の包括的医療を行っています。

また,特殊外来として,認知症専門医による診療を行っています。内容は,認知症の原因疾患の識別診断,原因別の治療に加えて,臨床心理士(カウンセラー・言語聴覚士)による,神経心理評価,心理的援助,家族支援などです。認知症患者様だけでなく,ご家族が健やかに過ごせるように,総合的な診療を行っています。

眼科は一般診療のほか,内科疾患(高血圧)の評価と関連した眼底検査,認知症の診断と関連した視野検査を行っています。

耳鼻咽喉科は一般診療のほか,認知症の診断関連した聴力検査,脳血管障害との鑑別に関連した平行機能検査を行っています。

沿革

平成9年4月,保健・医療・福祉の総合福祉施設として建設され,脳卒中・寝たきり・認知症の予防に重点を置きながら,地域の医師会と協力し地域医療を目指しています。内科診療はもとより当時町内になかった眼科,耳鼻咽喉科を開設しています。乳幼児から高齢者まで生涯を通じて健康で安心して暮らせる環境づくりの一環を担っています。