大崎市民病院Osaki Citizen Hospital

文字サイズ
標準
大きめ

がん治療と妊娠

がん治療と妊娠(妊よう性の相談について)

 

妊よう性とは?

 

妊孕性(にんようせい)という言葉をご存じですか?妊孕性とは、妊娠する力のことを言います。
抗がん剤、放射線治療、手術などのがん治療の影響により、妊孕性が低下や喪失することがあります。最近では、妊孕性の低下や喪失に備えるために、がん治療前に卵子や精子、受精卵、卵巣組織などを採取・凍結保存し、がん治療終了後に生殖医療を行い、妊娠を目指すことが行われるようになってきました。これらの医療をがん・生殖医療と言います。
がん・生殖医療はがん治療前に行うため、行うかどうかの判断もがんの治療前に行う必要があります。がんと診断された際に、ショックで何も考えられない、怖いことや不安なことばかり思い浮かんでしまうということは自然な気持ちの流れです。この心の揺れの大きい中、将来の妊娠・出産の可能性について考え、卵子や精子の保存をするかどうかを決めることは、難しい場合が多いです。また残念ながら、がん・生殖医療を行っても子どもを授かるとは限りませんし、金銭的負担も大きいものがあります。パートナーやご家族と一緒に考える必要もあり、決断は容易ではありません。

 

どこに相談すればいい?

 

当院では、がん・生殖医療専門心理士の資格をもつ臨床心理士が相談に応じています。
主治医や看護師、多職種チームとともに、医療情報の整理を行い、気持ちや考えに寄り添いながら自己決定のお手伝いをします。
ご希望の場合は、主治医や看護師にお申し出いただくか、がん相談支援センターにお声がけください。

 

がん相談支援センター概要

 

相談時間 月曜日~金曜日(8時30分~16時30分)
場所 1階 患者サポートセンター内(案内図はこちら
費用 無料
相談方法 直接来室いただくか,お電話でも承っております。0229-23-3311(代表)

外来の方へ

一般外来の方へ
外来受診の方法
外来受付時間・担当医師
費用について
セカンドオピニオン
救急外来の方へ
緊急を要する場合
休日・夜間平日当番医のご案内
がんに関するお問い合わせ
緩和ケア外来の方へ
がん相談のご案内
がんサロンのご案内
りんりんの会(乳がん患者の会)
がん治療と妊娠
日帰り手術の方へ(デイサージャリー)
日帰り手術の方へ(デイサージャリー)

あなたのお近くのかかりつけ医(登録医)検索はこちら

外来受付時間※受付終了時間は診療科により異なります。詳しくは各診療科ページをご確認ください。│午前:初診 8:00~,再診 7:30~ ※形成外科は午後のみ│午後:初診 12:50~,再診 12:50~ ※午後の診察は一部の診療科のみ外来受付時間※受付終了時間は診療科により異なります。詳しくは各診療科ページをご確認ください。│午前:初診 8:00~,再診 7:30~ ※形成外科は午後のみ│午後:初診 12:50~,再診 12:50~ ※午後の診察は一部の診療科のみ