大崎市民病院Osaki Citizen Hospital

文字サイズ
標準
大きめ

婦人科

外来担当医表

 

掲載する情報はありません。

医師の紹介

 

診療の概要

 

子宮筋腫・卵巣腫瘍・子宮内膜症などの良性疾患,子宮頸がん・子宮体がん・卵巣がんといった婦人科悪性腫瘍,そして子宮脱・更年期障害・月経異常などの婦人科疾患の診断・治療にあたっています。

診療の特色

 

良性疾患に対する手術療法では,可能な限り腹腔鏡下手術(腹腔鏡下卵巣腫瘍摘出術や腹腔鏡下子宮全摘術など)を行います。
悪性腫瘍に対しては,手術療法・化学療法・放射線療法を組み合わせた集学的治療を行っています。子宮頸部上皮内がんには,円錐切除術を施行することで子宮温存が可能です。頸がんI~II期に対しては広汎子宮全摘術,II期以上に対しては同時化学放射線療法を行います。
子宮体がん・卵巣がんに対しては,子宮全摘術+両総付属切除術+骨盤~傍大動脈リンパ節郭清+大網切除を基本とし,そこに化学療法や放射線療法を組み合わせて行います。
治療法の選択はガイドラインに則り,さらに患者の希望や全身状態,社会的背景を考慮して決定します。

代表的な疾患と症状

 

疾患

 

月経不順,月経困難症,更年期障害,子宮内膜症,各種婦人科良性腫瘍,各種婦人科悪性腫瘍など

 

症状

 

生理の時に我慢できないくらいおなかが痛い,生理の周期がばらばら,生理の時にレバーのような固まりがでる,おりものが多く気になる,のぼせ,ほてり,肩こり,腰痛などが耐えられない

診療実績

 

H29年度

(2017年度)

H30年度

(2018年度)

R元年度

(2019年度)

外来延患者数 11,615人 11,583人 11,601人
入院延患者数 4,259人 4,886人 4,874人

1日平均外来患者数

48人 47人 48人
1日平均入院患者数 12人 13人 13人
手術件数(総数) 414件 405件 399件
 うち腹腔鏡手術件数 118件 98件 98件
 うち悪性腫瘍手術件数 52件 57件 54件