大崎市民病院Osaki Citizen Hospital

文字サイズ
標準
大きめ
重要なお知らせ
重要なお知らせ
助産に係る消費税の課税誤りについて(お詫び) 詳しくは別添資料をご確認ください。
重要なお知らせ
大崎地域1市4町の「大崎地域の医療提供体制の確保に係る連携協約締結式」が行われました

内視鏡センター

センターの概要

 

内視鏡センターでは,消化管,膵臓・胆管,気管支などに対する内視鏡診断・治療を行っています。

センターの特徴

 

当センターは日本消化器内視鏡学会,日本呼吸器内視鏡学会の指導施設に認定されており,学会専門医及び指導医の資格を持つ医師,内視鏡技師認定を受けた看護師が検査治療に携わっています。内視鏡検査室4室(うち治療専用1室),内視鏡専用透視室1室を備えています。

消化器内科では,通常内視鏡検査や特殊光観察,拡大内視鏡検査,超音波内視鏡検査,早期がんの内視鏡的粘膜下層剥離術(ESD)やポリープ等の切除,超音波内視鏡下穿刺吸引生検法(EUS-FNA),胆道結石の治療,胆道や消化管へのステント留置術など,ほぼ全ての内視鏡診療に対応しており,県内有数の検査・手術件数を誇っています。また,消化管出血等の緊急疾患に対しても24時間365日体制で治療にあたっています。

呼吸器領域では,気管支鏡による肺がんなどの悪性腫瘍の診断,超音波気管支鏡下経気管支リンパ節穿刺法(EBUS-TBNA)によるリンパ節の評価や,気管支肺胞洗浄(BAL)による間質性肺炎などのびまん性肺疾患や呼吸器感染症の診断などを行っています。さらに異物除去などの治療も行っています。また,局所麻酔下胸腔鏡検査による胸膜病変の診断も行っています。

最新の機器や知見を取り入れながら,地域の皆様に高度な診断及び治療技術を提供できるよう努めています。

該当診療科