大崎市民病院Osaki Citizen Hospital

文字サイズ
標準
大きめ

臨床工学部

部門概要

 

臨床工学技士とは、ME(Medical Engineer)やCE(Clinical Engineer)と呼ばれるメディカルスタッフで、医療機器のスペシャリストです。当部門は24時間365日体制で急性期医療及び今後益々増大する医療機器の安全確保と有効性維持の担い手としてチーム医療に貢献しています。

スタッフ数

 

本院臨床工学技士 20名

臨床工学部補助者  2名  計22名(令和3年4月1日現在)

業務内容

 

血液浄化療法業務(HD、online-HDF業務)

 

透析センター27床で外来患者、入院患者に対して午前・午後の2部透析を行っています。患者の状態によっては、ICUにおいても透析を行うことが可能です。

 

透析センター写真

 

血液浄化療法業務(アフェレーシス業務)

 

顆粒球除去療法(GCAP)、白血球除去療法(LCAP)、血漿交換療法(PE)、血漿吸着療法(PA)、エンドトキシン吸着療法(PMX)、腹水濾過濃縮再静注法(CART)、の準備や機器の操作を行います。

 

血液浄化療法に使用する器材写真

 

 

心臓カテーテル業務

 

検査として冠動脈造影や心臓内圧を測定する左心・右心カテーテル法,スパズム誘発に対してのポリグラフ操作を行っています。また、治療として経皮的冠動脈形成術(PCI)で血管内超音波検査(IVUS)の操作を行い、場合によって経皮的心肺補助(PCPS)や大動脈バルーンパンピング(IABP)といった補助循環装置の準備・操作を行います。

 

操作写真

手術の様子

 

不整脈治療業務

 

ペースメーカ等のデバイス植込み時の設定や毎週木曜日・金曜日に外来でケアをしています。また、不整脈治療業務として心筋焼灼術(カテーテルアブレーション)における機器操作管理業務に従事しています。

 

ペースメーカー外来写真

 

DSA業務

 

脳血管造影や脳動脈瘤塞栓術(コイリング)、血栓回収術における使用物品の準備を行っています。

 

高気圧酸素療法業務

 

第1種装置(個人用)を導入しており、救急にも対応しています。

 

高気圧酸素療法装置

 

手術室業務

 

内視鏡手術における機器の準備と内視鏡カメラによる録画、セルセーバーを用いた自己血回収、脳動脈手術におけるナビゲーションの操作を行っています。また、心臓外科手術の際、人工心肺を用いた体外循環装置の操作を行っています。

 

手術室内の様子

 

機器管理業務

 

医療機器の保守・点検やトラブル対応をしています。

 

医療機器保守・点検の写真1

医療機器保守・点検の写真2

業務実績

 

業務内容平成30年度令和元年度
血液浄化業務(HD,On line HDF)

8,759件

8,477件

血液浄化業務(アフェレーシス) 345件 422件
体外循環業務(人工心肺) 87件 80件
心臓カテーテル業務 709件 663件
不整脈治療業務(アブレーション) 136件 136件
ペースメーカー業務

植込み

54件 50件
チェック 1,017件 982件
DSA業務 147件 153件
高気圧酸素療法業務 541件 694件
機器管理業務 65,269件 67,191件

※機器管理業務には定期点検・修理の他に日常点検も含まれます。

 臨床工学部 初期研修プログラム

 

臨床工学部は24時間院内常駐勤務体制となっており、宿日直・待機業務をスムーズに行えるように研修期間を入職後2年間と定めています。1年目は透析センター業務と医療機器管理業務を研修します。2年目は循環器業務と手術業務などを研修します。3年目からは主な4業務を日替わりローテーションで担当することで、すべての業務に対応できる人材の育成に取り組みます。

プログラムの詳細はこちら