大崎市民病院Osaki Citizen Hospital

文字サイズ
標準
大きめ

沿革

大崎市民病院は,昭和13年に大崎久美愛病院として開院しました。昭和32年に古川市立病院,平成18年に市町村合併により大崎市民病院となり,県北の基幹病院として急性期医療,高度医療等を担ってきました。大崎市古川千手寺町の建物は,築後40年以上が経過し,老朽化・狭隘化していることから,大崎市古川穂波地区へ新築移転しました。

昭和13年 12月 大崎久美愛病院発足
昭和32年 6月 名称を「古川市立病院」に改称 病床数218床(一般140床,結核60床,伝病18床)
昭和36年 4月 地方公営企業法全部適用
昭和45年 2月 救急告示病院指定
昭和46年 12月 総合病院承認
昭和50年 10月 人工腎臓透析センター並びに看護婦厚生施設棟竣工
昭和55年 10月 CT棟増築
昭和61年 12月 人工腎臓透析センター増築
平成5年 1月 救命救急センター27床増床(うち6床医療法施行規則第30条の32)
平成6年 7月 救命救急センター竣工
9月 看護婦宿舎施設竣工
平成9年 3月 災害拠点病院(地域災害医療センター)認定
平成10年 4月 リハビリ棟竣工
6月 脳死に係る臓器提供病院の認定
平成11年 4月 第二種感染症指定医療機関(6床)
平成12年 3月 放射線棟竣工
臨床研修病院指定(病院群)
平成13年 5月 福利厚生棟竣工
検査棟竣工
自走式立体駐車場竣工 3層4段(収容台数120台)
南病棟竣工
平成14年 1月 患者様用福利厚生施設「オアシス」竣工
平成15年 5月 院内保育所開所
6月 研修棟竣工
8月 地域がん診療連携拠点病院指定
平成16年 3月 地域周産期母子医療センターの認定
4月 義務化に伴う臨床研修指定病院の認定
平成18年 3月 大崎地方1市6町合併により「大崎市」誕生(3月31日)併せて病院名も「大崎市民病院」となる
大崎市民病院(許可病床数466床),大崎市民病院鳴子温泉分院(許可病床数170床),大崎市民病院岩出山分院(許可病床数95床),大崎市民病院鹿島台分院(許可病床数70床)大崎市民病院田尻診療所
平成20年 4月 DPC対象病院
平成22年 10月 大崎市民病院(許可病床数456床)に変更
平成23年 4月 診療科目を40に変更
5月 電子カルテシステム導入
平成24年 5月 入退院センター設置
地域医療支援病院承認
平成26年 3月 大崎市民病院本院竣工
6月 大崎市古川穂波地区へと新築移転し,大崎市民病院本院開院
診療科目を42に変更
平成27年 10月 大崎市民病院(許可病床数500床)に変更
診療科目を43に変更

大崎久美愛病院

大崎市民病院