大崎市民病院Osaki Citizen Hospital

文字サイズ
標準
大きめ

臨床試験

臨床試験

 

病気に対する新しい薬や治療・診断法は,その安全性や有効性が確認されてはじめて標準的治療(科学的根拠に基づく最新の治療)として確立します。既存のものより有効であると期待される新しい薬や治療・診断法は,安全に実施できるのか,期待されたとおりの効果を発揮するのかを,多くの患者さんの協力を得て調べなければなりません。このような情報を集める継続的な取り組みによって,患者さん自身に,あるいは将来の患者さんに,よりよい治療を提供できるようになります。
今日,がんに対する新規の薬剤などが急速に開発されているため,薬剤の組み合わせによる標準治療も日々変化,進歩しています。
大崎市民病院・がんセンターでは東北大学病院などをはじめとした東北地方・全国規模のがん専門医療機関との共同で最新のがん治療を開発するための臨床試験に積極的に取り組んでいます。患者さんに積極的に臨床試験に参加していただき,経過を丁寧に記録し集積していくことで,より効果的で安全な治療法を速やかにがん患者さんに提供できると考えております。

 

最新の情報はこちら

 

NCD事業への参加

 

 当院は、一般社団法人National Clinical Database(NCD)が実施するデータベース事業に参加しています。この事業は,日本全国の手術・治療情報を登録し,集計・分析することで医療の質の向上に役立て,患者さんに最善の医療を提供することを目指すプロジェクトです。

 登録する情報は,それ自体で患者さん個人を容易に特定することはできないものですが,患者さんに関わる重要な情報ですので厳重に管理いたします。なお,データを登録されたくない場合は,登録を拒否していただくことができます。

 データの公表にあたっては,NCDが承認した情報のみが集計データとして公表されます。登録するデータがどの患者さんのものであるか,特定されることはありません。

 登録に関して詳しい情報をお知りになりたい場合は、各診療科の担当者までお申し出ください。

 

 NCD参加に関する周知文書

 NCDホームページ